TOP

Beyond Grey Pinstripes is a biennial survey and alternative ranking of business schools. Our mission is to spotlight innovative full-time MBA programs that are integrating issues of social and environmental stewardship into curricula and research.

In partnership with institutions and individuals (e.g. academics, deans, business leaders, NGO representatives), Aspen CBE has helped cultivate and manage faculty networks to support innovative research and to develop cutting edge curriculum. Our goal is always to better integrate environmental and social issues into the core of business education.

CasePlace.org is an online library of reading materials, multimedia content, and teaching modules that focuses on social, environmental and ethical issues in business.

The Aspen Institute’s Center for Business Education
encourages future business leaders to innovate at the intersection of corporate profits and social impacts. Our goal is bold and long-term: to radically re-orient the MBA degree to embrace the principles of corporate citizenship and sustainability.

In a nutshell, the goal of Aspen CBE is to leverage the tremendous power of business education to make the world a better place. Many Aspen CBE programs work at a distance – school rankings, online case libraries, or faculty awards, for example. However, we find that some of our most important work comes from bringing small groups of people together, in person, to make transformative innovations in teaching and research. We call these transformative groups Faculty Networks. We believe faculty networks can:

find new ways to integrate social and environmental issues into core teaching and research
develop new teaching materials and methodologies
act as a catalyst for communities and networks of faculty that will provide ongoing support after the formal program ends
encourage more doctoral students and junior faculty to focus their research on social and environmental themes
encourage research that is responsive to current felt needs among business practitioners

The Finance Roundtable is a dialogue among faculty, primarily faculty in finance, to envision the future of finance curriculum. An initial convening, in October 2010, produced an inventory of initial ideas of changes to financial education and outlined several areas for further dialogue and future collaborations. We are currently collecting classroom materials that illuminate the tensions and issues raised at the meeting–and planning a second convening, for Winter 2012.

Teaching Innovation Program (TIP) is a forum for the exchange of innovative ideas about MBA curriculum. Through TIP, The Aspen Institute Business and Society Program (Aspen BSP) creates networks of business school faculty and business practitioners from around the world. Members of the network are each seeking to build the capacity of today’s MBA students to navigate the complex social, environmental, and ethical challenges of business.

エイズは、進行した段階で、HIVの免疫系が損傷した場合、感染。感染と発症との期間が1年から20年まで、幅広く異なるが、治療しないと、HIVに感染した人の約半数が、10年以内にエイズを発症します。

多くの人々は、彼らが最初にHIVに感染する任意の症状を持っていません。

いくつかは、ウイルスへの曝露後のHIV血清転換症候群、月または2と呼ばれる、インフルエンザ様疾患を持っています。

この病気には、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。

下痢

拡大肝臓や脾臓

熱病

拡大またはリンパ節の腫れ

頭痛

筋肉痛

嘔気嘔吐

神経症状

腹部、腕と脚と顔の発疹

喉の痛み

ツグミ、カンジダによって引き起こされる口の共通の真菌感染症、酵母様真菌これらの症状は通常、月に一週間で消え、他のウイルス感染と間違われることがあります。

この期間の間、人々は非常に伝染性であり、HIVの性器流体中に大量に存在します。

感染者は8〜10年以上のために重篤な症状を経験していない場合があります。

この期間 – 無症候期間と呼ばれるが – 一人一人のために長さが異なります。

一部の人々は、数ヶ月以内に症状を有することができ、他の人は何年も症状がない場合があります。

HIVに感染して生まれた子どもたちは通常、生後2年以内に症状があります。

子供たちはゆっくりと成長または頻繁に病気になることがあります。

免疫系が弱くなるように、他の合併症が発生することがあります。

多くの人々のために、感染症の最初の兆候は、大きなリンパ節または3ヶ月以上に拡大することができる腫れ腺です。発症前に他の症状、エイズが含まれます。

発熱と発汗

深刻な口を引き起こすヘルペス感染症、性器や肛門のただれ

エネルギー欠乏

治療に反応しない女性では骨盤内炎症性疾患

永続的な皮膚の発疹やフレーク状の皮膚

帯状疱疹は、痛みを伴う神経疾患は、多くの場合、発疹や水疱を伴います

短期記憶喪失

減量

エイズ診断

彼らは特定の徴候や定義された症状があるとき人々がエイズと診断されています。

健康な人のために、約1,000のCD4 + T細胞と比較して血液の立方ミリメートルあたり200未満のCD4 + T細胞。CD4 + T細胞は、身体の免疫系において重要な役割を果たす白血球です。

これらの細胞は、HIVによって破壊されています。

HIV陽性の人がよく感じ、疾患の症状を経験していない場合であっても、CD4 + T細胞は、HIVに感染しています。

全てのリンパ球の14%未満で、白血球の種類を占めてCD4 + T細胞。

以下に記載されている病気の1つ以上:

気管支、食道、気管や肺のカンジダ

子宮頸がんの侵襲性であります

普及しているコクシジオイデス症

肺の外に体に影響を与えているクリプトコッカス

クリプトスポリジウム腸に影響を与えるとヶ月以上持続

肝臓、脾臓またはリンパ節の外側のサイトメガロウイルス病

失明に発生するサイトメガロウイルス網膜炎

HIV関連のある脳症

月や気管支炎、肺炎または食道炎よりも持続性潰瘍を含む単純ヘルペス

普及しているヒストプラスマ

イソスポーラ症は腸に影響を与えるとヶ月以上持続します。

カポジ肉腫

バーキット型であるか、それはプライマリで、脳や中枢神経系に影響を与えるリンパ腫

マイコバクテリウム・アビウムコンプレックスや病気

または肺外結核菌

普及しているマイコバクテリアの他の種

ニューモシスチス・ジロヴェチ、旧称カリニ、肺炎

再発である肺炎

進行性多巣性白質脳症

再発であるサルモネラ敗血症

脳のトキソプラズマ症とも呼ばれる脳炎

HIV感染に起因する消耗症候群

症状はまた、不安、認知症、うつ病および不眠を含むことができます。

HIVとエイズ検査

引用文献:http://std-checker.net/血液検査は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、後天性免疫不全症候群(AIDS)を引き起こすウイルスを診断するための最も一般的な方法です。

これらの試験は、感染者の血液中に存在するウイルスに対する抗体を探します。ウイルスにさらされる人々はすぐに検査を受ける必要があります。

初期のテストは非常に重要であるとHIV。あなたがウイルスに陽性でテストする場合は、あなたとあなたの医師は、HIVを戦い、合併症を追い払うのに役立つ治療計画を開発することができます。

初期のテストはまた、あなたが他の人にウイルスを拡散可能性が高リスク行動を避けるように警告することができます。

それは、ウイルスに対する抗体を開発するために6ヶ月に6週間から取ることができますので、フォローアップのテストが必要になる場合があります。

あなたの医者はあなたの症状、病歴​​やリスク要因について尋ねると身体検査を行います。

HIVとエイズを診断するための主要なテストが含まれます

ELISA試験 -酵素結合免疫吸着アッセイの略ELISAは、HIV感染を検出するために使用されます。

ELISAテストが肯定的である場合には、ウェスタンブロット試験は、通常、診断を確定するために投与されます。

ELISA試験が否定的であるが、あなたは、あなたがHIVを持っているかもしれないと思う場合は、1〜3ヶ月で再びテストする必要があります。

ELISA は慢性HIV感染では非常に敏感であるが、抗体は、感染直後に生成されていないので、あなたが否定的なテストすること感染された後の数ヶ月に数週間のウィンドウの間。テスト結果は、このウィンドウの間に負であっても、あなたは、ウイルスの高いレベルを持っていると、感染を送信する危険性があります。

唾液テストは -綿パッドは、頬の内側から唾液を得るために使用されます。パッドは、バイアルに入れ、試験のための実験室に提出されます。

結果は、3日間で利用可能です。陽性結果は、血液検査で確認する必要があります。

ウイルス負荷テスト -このテストは、あなたの血液中のHIVの量を測定します。

一般に、治療の進行をモニターするか、早期のHIV感染を検出するために使用されます。

血液中の3つの技術対策HIVウイルス量が-転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)を逆転、DNA(bDNA法)及び核酸配列に基づく増幅アッセイ(NASBA)が分岐しました。

これらのテストの基本原理は似ています。

HIVウイルスのものに特異的に結合するDNA配列を用いて検出されます。

その結果、テストの間で変化し得ることに留意することが重要です。

梅毒

一次および二次梅毒率は1997年以来の最高レベルに(8176例が報告されている)2005年5年連続で増加し1 ペニシリンGベンザチンが推奨主要抗生物質治療であり続けている(表6 1 )。

CDCのガイドラインには、ペニシリンにアレルギーを有する患者におけるドキシサイクリン(ビブラマイシン)、テトラサイクリン、およびセフトリアキソン(ロスフェフィン)による治療の議論も含まれています。

アジスロマイシンの使用についても議論されている。以前の研究は、単一の2-Gの用量として与えられるアジスロマイシンは有効かもしれないことを示唆しているが20 、21、治療の失敗のいくつかの症例、ならびに単離抵抗の報告された症例が認められています アジスロマイシンが使用される場合、緊密な追跡が必要であることを示唆している。